後藤学園 中医学研究所 中医臨床センターで行われてきた鍼灸師卒後研修「中医オープンセミナー」は、新しい組織「TCMA 中医鍼灸研究所 研修センター」に引き継がれました。

2018年度の中医オープンセミナーの募集が開始となりましたので、下記をご参照ください!

 

2018年度より、4講座が全てパワーアップ!

☆新版東洋医学概論の執筆者が、中医学の基礎から実践的な鍼灸臨床までを講義します。

■後藤学園 中医学研究所 中医臨床センターで行われてきた中医オープンセミナーは、新しい組織「TCMA 中医鍼灸研究所 研修センター」に引き継がれました。

2017年度のオープンセミナーは、新しい環境にて「おおもり東口はりきゅう治療室」で実施されました。

そして、2018年度募集も開始となりました!

■TCMAオープンセミナーは
「TCMA臨床研修」に含まれる4つの公開講座です。
・中医基礎学    ・弁証論治・処方学
・治療学・中薬方剤  ・実技編

■4つの講座は1つずつ申し込みすることができます。

※このセミナーは、臨床的な中医鍼灸を学ぶためのセミナーですが、
鍼灸師の資格に関係なくどなたでも参加できます。

場所 : おおもり東口はりきゅう治療室
         (大田区 大森北1-11-3 サカエビル4階B号室)

日程 : 毎月 第2/第4 日曜日 (それぞれ10回)

・中医基礎学

 生理物質および臓腑の生理と病理を学び、鍼灸弁証論治トレーニングのための基礎固めをする。中医基礎学のダイジェスト版。

・弁証論治・処方学

 基礎病証から複合病証まで、症例を通じて、弁証・論治・配穴を学ぶ。

※第2日曜日(8月は第3日曜)

5/13、6/10、7/8、

8/19、9/9、10/14、

11/11、12/9、1/13、2/10

・治療学・中薬方剤

 鍼灸の臨床で遭遇しやすい疾患の治療について、中医学的なアプローチを中心に学習する。常見する病証に対して、症例を提示しながら病態把握を理解するとともに、各疾患における一般的な治療法を把握する。また、日本でよく使用されている代表的な漢方エキス剤について、傷寒論の理論を交えながら、その分類・適応症・効能について学ぶ。

・実技編

 和鍼、中国鍼の刺鍼から臨床テクニックまで、当センターの行う研修の実技部分をピックアップして学習する。

※第4日曜日

5/27、6/24、7/22、

8/26、9/23、10/28、

11/25、12/23、1/27、2/24

時間:一日 約3時間。(休憩時間含む)

・中医基礎学 10:00~13:00
・弁証論治・処方学 14:30~17:30
・治療学・中薬方剤 10:00~13:00
・実技編 14:30~17:30

参加費:各講座
  一般(学生以外)40,000円。
  学生      30,000円。

申し込み:こちらのウェブサイトから申し込みできます

   ↑ クリック!