鍼灸学生と鍼灸師のための東洋医学 インターネット講座

 
いま、東洋医学が注目されています。

 
東洋医学は古代の中国伝統医学(中医学)が元になっていますので、
中国を中心としたアジア圏の医学とも言えます。

自然界に起こる法則を人体に応用したこの医学は、2000年以上も経過し、
科学技術が発達した現代においてもなお残存しています。

 
特に今、欧米諸国ではこの東洋医学が、様々な分野で活用されてきています。

例えばアメリカ合衆国では、
救命救急の現場で、痛み止めの強い薬の代わりに鍼灸(しんきゅう)治療が使用されている病院があります。
(The Abbott Northwestern Hospital Minneapolis, Minnesota, USA)

人間がもともと持っている病気を治す力、つまり「自然治癒力」を、
鍼灸を始めとする東洋医学は重要視します。

 
あるいは海外セレブといわれる有名人の方々は、美容鍼灸を活用したり、
アンチエイジングや健康維持のために鍼灸や漢方薬を活用しています。

ほかにも、乳がん手術後の不調に対して、更年期のつらい症状に対して、
不眠やうつに対して、不妊に対して、薬物中毒に対して、慢性肺疾患に、
認知症予防に、片頭痛に、と様々な分野で鍼灸治療や東洋医学が試されています。

 
申し遅れましたが私は、TCMA 中医鍼灸研究所 研修センターの鎌田 剛(かまた つよし)と申します。

何校かの鍼灸学校にて15年以上、
東洋医学概論そして中医鍼灸実技の教員をして参りました。

岐阜大学医学部では医学部の学生向けに東洋医学の講義もして参りました。

数年前には、新版「東洋医学概論」の教科書を執筆させていただきました。

また、鍼灸師の卒後研修を手がけて10年以上になります。

このような形で、東洋医学・中医学の普及に尽力しております。


(新版 東洋医学概論の教科書の表紙(左)と、ページ”vi” 委員の記載(右))

東洋医学は難しい?

東洋医学を初めて学ぶ鍼灸学生や、医療関係者、一般国民の方々の中には、
この東洋医学を難しいと感じる人がいらっしゃいます。

東洋医学は難しいものなのでしょうか。

 
確かに東洋医学は、現代医学である西洋医学とは異なった考え方をします。

前述しましたが、自然の法則を人間に当てはめたものが東洋医学です。

古代の自然哲学がベースになっているとされます。

そのため、哲学という側面から、つい「難しい」と感じてしまう人も確かにいらっしゃいます。

 
ですが、自然界に起きている現象が、人間の体の中でも起きうると考えるのは、
人間も自然の一部」とすれば、実はそんなに不思議なことではないかもしれません。

例えば、火は燃えて上に昇っていく性質がありますし、水は流れて低い場所に向かいます。
風はよく動き、乾燥は水分を奪います。

このような自然の中で生きる人間は自然の一部であり、
自然を観察することによって体の変化を観察できる、そう考えていくのですね。

この東洋医学そして中医学は、「難しい人間の体を、簡単に考える学問」といわれます。

本来は、人間の体や病気を「自然」に、そして「簡単」に捉えていくわけです。



 

東洋医学が嫌いになるケース

この東洋医学そして中医学には、学問体系全体としては確かに膨大な量の情報が存在しています。

しかしながらその知識体系は、わかりやすく基本的な知識をベースとしています。

わかりやすく基本的な知識がベースなのですが、
独特の概念があったり、聞き慣れない専門用語が数多く出現するので難しく感じてしまいがちなんですね。

 
よくあるケースとしては、
基礎が理解できていない状態で、その先を次々に学んでいってしまうケースです。

本来、この学問の考え方は非常に論理的で、学習しやすいはずなのですが、
基礎知識の上にさらに知識を重ねていく勉強が必要になります。

ですので、独特の概念や言葉がまだ身についていないうちに、
次の知識を上に重ねようとすると混乱が生じます。

土台がしっかりしていない場所に、
頑丈な素材で家を建てるようなもの、といえるかもしれません。

 
なので、学習を進めていくには基礎知識の習得が必須事項になってきます。

でも、基礎知識そのものを曖昧に理解している状態では、
その状態のまま学習を進めてしまうと、いずれ破綻してしまいます。

鍼灸学校で「東洋医学が嫌い」「よくわからない」という学生さんが出てきてしまうのは、こういったケースだと思います。

鍼灸学校において東洋医学は重要な学習科目なので、学期末ごとに試験があります。

なんだかよく理解できてないうちに、
つまりベースとなる基礎知識の部分が曖昧なままに、
どんどん授業が進んでしまうと、もう取り戻せなくなってしまうのではないかと思います。



 

東洋医学の理想的な学習順序とは

その反対に、基本をしっかりと学びながら、
その知識の上にさらに知識を重ねていくことで、
東洋医学で考える能力」がどんどん養われていきます。

入り口である「東洋医学概論」をしっかりと土台として知識に組み込み、
その上に「経絡経穴」や「臨床論」「弁証論治」の知識を重ねていくことで、
東洋医学的な病態把握や、東洋医学的治療が理解しやすくなると思います。

さらにこの上に、実践の技術として「鍼灸治療学」が備わっていけば、
さまざまな病気に向き合い、考えていくことができるようになるでしょう。



 

東洋医学の効果的な学習方法

そのためには、一番簡単であるけれども一番重要な
基礎知識」をしっかりと学ぶ必要があります。

基礎を身に付けるコツとしては、
私の経験から言えるのは「何回も繰り返し学習する」ことが一番の近道だと思います。

学習としては実際に東洋医学の講義を受けることが良い方法でしょう。

可能であれば集中して学習する環境があればベターです。
さらには、学習を「繰り返す」ことができれば最高です。

 
これを実現するには、残念ながら学校の授業だけでは難しいと思います。

学校は学校でカリキュラムの都合上、さまざまな教科を学習しなければなりませんし、
同じ科目は週に1回というのが通常でしょう。

上記を実現する最良の学習方法は、私は「動画学習」だと思います。



 

実際のセミナーをベースに

既に述べました通り、私はいくつかの鍼灸学校の教壇に立ち、
東洋医学概論を教えて参りました。

また、新版「東洋医学概論」の教科書の
かなりの部分を執筆させていただきました。

長い間、東洋医学・中医学を教え続けてきて、さまざまな経験をさせていただきました。

学生さんがどこでつまづきやすいのか、どうやったら楽しく学べるかなど、
いろいろと研究してきたつもりです。

 
実際に私は、中医学をベースとした卒後研修の一環で、座学講座として
「オープンセミナー」という一般受講者向けのセミナーも実施して参りました。

何年もかけて、実際のセミナーを繰り返しながら、
東洋医学を楽しく学べるコンテンツを蓄積してきたわけですね。

このセミナーを撮影した動画を元にして、
スライドや補足説明を動画に盛り込み、編集をした教材がついに完成しました。

この学習教材は、初学者のかたが東洋医学・中医学を学ぶにあたり、
きっとお役に立てることと信じております。

さらには、上級者のかたにとっても、
基礎知識の復習として大いに活用できることでしょう。



 

通信講座 中医基礎学の内容

通信講座「中医基礎学」には次の特徴があります。

(1)東洋医学集中講座(最長5ヶ月間)
(2)動画・テキスト・アプリ等の教材
(3)メール配信
(4)受講者専用サイトで情報共有

 

(1)東洋医学集中講座(最長5ヶ月間)

この通信講座は、インターネット環境を活用した「塾」という形式で開講します。

塾期間は半期(5ヶ月)単位で、
前期は5月~9月、後期は10月~2月となっています。

お申し込みの時期により前期または後期のどちらかになります。

学習内容としては1~2ヶ月で学習可能なボリュームですので、
時間的には5ヶ月間フルに必要というわけではありません。

受講者のペースに合わせて学習を進めていけます。

ただ、お申し込みの時期によっては、ご利用期間が充分でない場合がございます。
例えば8月にお申し込みをご検討中の場合、前期のお申し込みは可能ですがご利用は9月末までとなります。

この場合は後期開始までお待ちいただいたほうが長期間ご利用いただけます。
(9月末~10月初めの数日と、3月~4月は、前期・後期の切り替え時期のためサービス停止期間となります)

(2)動画・テキスト・アプリ等の教材

教材は動画教材をメインとしています。
合計で約21時間の動画となっています。

例えば7時間の集中学習を3回実施すれば3日間で動画はひと通り視聴できますが、
前述した通り「繰り返し」が大事ですので、何度も視聴することで基礎知識が身についていくと思います。

動画のほかにはテキスト教材、自己学習用のアプリ教材が使用可能です。


 

(3)メール配信

学習進度は自由ですが、
標準の学習パターンとして1~2ヶ月程度を想定しています。

これは週に3~5時間程度の学習をした場合のペースです。
この想定進度に合わせて、動画内容を復習したり
ワンポイントアドバイス等のメール配信が定期的に行われます。

(4)受講者専用サイトで情報共有

動画や各種教材は全て、この受講者専用のWebサイトにて視聴可能となります。

この専用サイトには、過去のメール配信の内容や、各種の最新トピック情報なども掲載していきます。

通信講座「中医基礎学」のメリット

この通信講座のメリットとしては下記の通りです。(実感には個人差がございます)

  • 東洋医学に長年携わってきた教師による明快な授業が、動画で受講可能
  • 東洋医学の基礎知識を反復学習することが可能
  • 自分のペースに合わせて学習が可能
  • 視聴しやすいように動画編集されているため効率良い学習が可能
  • 実際のセミナー映像を元にしているため、臨場感や授業参加の意識を持てる
  • テキスト教材アプリ教材などで知識の確認が可能
  • 鍼灸学生にとっては、新版「東洋医学概論」教科書の理解に役立つ
  • 国家試験科目としての東洋医学概論の、試験対策としても活用が可能

受講者の声

実際にセミナーを受講したかた、動画教材やアプリ教材を試してみたかたの感想は下記の通りです。
(掲載している内容はあくまでも個人の感想です。)

Aさん ご受講年:2018年 京都府

とても内容が濃く、テキストにノートをとりながら視聴しています。私はもう資格を持っていますが、有資格者にも、初めて東洋医学を学ぶ人にもわかりやすく深みもあり、先生の知識と教授技術が素晴らしいと思います。
また、短めに区切って編集してくださっているので、すき間時間に視聴できてありがたいです。テロップの分量や箇所も適切で、ただ撮っただけでない編集になっているのも取り組みやすいです。
次の要望としては、「東洋医学臨床論」編を待望します。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Sさん ご受講年:2018年 北海道

整体師として中医学基礎を学ばせて頂いております。今まで書籍の知識のみだったところに、鎌田先生の講義の説明を聞けたことで様々な関係性に臨場感を持てそうです。また、何度でも視聴できるのでとても助かっています。
まずは、記憶し咀嚼し自分の中に落とし込んでから疑問、質問が出てくると思います。今のところは、質問する前の段階です。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Iさん ご受講年:2018年 東京都

膨大な内容で、圧倒されているというのが実感です。
繰り返しが消化するための唯一の方法だろうと考えております。
中医用語の難解さの克服がテーマです。生理学の用語の難解さと同じ印象です。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Mさん ご受講年:2012年

東洋医学が基礎から楽しく学べるセミナーでした。基礎の繰り返しが重要ということは本当に実感しています。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Kさん ご受講年:2014年

中医オープンセミナーは3年連続で受講しましたが、聴くたびに新しい発見がありました。自分の臨床経験が上がっていくとその時その時の視点で東洋医学を考え直すことができます。鎌田先生のエネルギッシュな講義はいつ聴いても楽しくなります。たまに自虐ネタやお下品な話題になりましたが、今回の通信講座ではきちんとカットされているのでしょうか。少し心配になりました。(笑)
また遊びにいきますのでこれからもよろしくお願いします。鎌田先生、本当にお体だけは大事になさってください。ではでは、失礼いたします。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Oさん ご受講年:2016年

鍼灸学校1年生です。今回が初めての参加でした。最初は少し難解な印象を持ちましたが、復習をしながら自分の知識を固めていったところ、だんだんと分かるようになりました。また受講したいです。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Sさん ご受講年:2015年

学校の授業では教えてくれない部分や、わかりにくい部分がクリアになりました。東洋医学概論は新しい教科書になってボリュームも増えていますが、その教科書を書かれた鎌田先生の授業を直接受講できるのは感激でした。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Tさん ご受講年:2017年

通信講座の動画を見させていただきました。オープンセミナーでも動画がありましたが、テキストが別だったので見づらい部分がありました。この通信講座の動画は本当に「動画を見るだけ」で勉強ができます。動画に先生の映像に重ねて説明文字が出たり、スライド映像に切り替わったりと、テキストを見なくても動画だけで理解できる作りになっていて非常に助かりました。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Hさん ご受講年:2017年

中医学が苦手でしたが先生のセミナーに参加してだんだんわかるようになりました。学校の授業で鎌田先生のファンになりましたが、外部向けのセミナーではさらに生き生きと話す先生は、本当に中医学が好きなのだなと思いました。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Sさん ご受講年:2013年

卒後研修の受講経験者です。ついに鎌田先生の通信講座が開講になるんですね。おめでとうございます!先生のすばらしい授業が全国に届くことを願っています。いま本当に世界中が東洋医学に注目していると思います。強い薬に頼る以外にも、人間がもともと持っている自然治癒力や免疫力を引き出す可能性がある、この東洋医学は今後も大切な医療の一部になっていくと思います。そのファーストステップが鎌田先生の中医学ではないでしょうか。また授業を聞きたいです。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

Nさん ご受講年:2014年

研修生でお世話になりましたNです。何気で「中医でポン」が好きでした。習ったことをクイズ形式で、スマホでできるアプリだったので移動時間とかでよくやっていました。セミナーはもちろん楽しくてわかりやすいですが、本当に自分が理解できたかどうかは、この中医でポンをすることで確認できたと思います。今回の通信講座にもこのシステムが付属しているとのことで、とても良いと思います。
(※個人の感想ですので成果を保証するものではございません)

通信講座の価格は?

当研修センターで毎年開催している実際のセミナー「オープンセミナー」は、
講座ごとに、全10回、40,000円となっております。

前述しましたが、この「TCMA 通信講座 中医基礎学」は、
実際に会場で実施されたこの「オープンセミナー」を元に、その映像を編集した動画がメインとなります。

そして、テキストやアプリ教材と合わせ、
より理解を深めやすい学習環境をご提供します。

実際には、分かりやすくするための動画編集の部分に、多大な労力と時間がかかっております。

そのため、この通信講座は、オープンセミナーの価格の2倍あるいは3倍ほどの価格を、当初は想定しておりました。

 
しかしながら、より多くの人にこの通信講座を受講していただきたい、という思いと、

東洋医学をもっと楽しみながら学習できる環境をなるべく安価でご提供できれば
という思いが日々強まってまいりました。

セミナー会場に足を運べない、
遠方にご在住のかた、忙しくてセミナー参加のご都合がつかないかた、
そのような方々のために、下記の価格設定とさせていただきました。

 
TCMA 通信講座 中医基礎学 の価格は、

30,000円 + 消費税 2,400円

でございます。

これは実際のオープンセミナーの価格よりも安価となります。

どうぞこの学習環境を有効活用していただければと思っております。

お申し込み方法

下記の内容をご確認の上、お申し込みくださいませ。

■ TCMA 通信講座 中医基礎学
 ・東洋医学(中医学)の学習環境サービス
 ・価格 32,400円 (税込)
 ・お支払: クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・BitCash

 
◆サービス内容
(1)動画教材の視聴(約21時間)
(2)テキスト教材の閲覧(全230ページ)
(3)自己学習アプリの使用 (全207問のクイズ)
(4)受講者専用サイトの利用

◆サービス期間
・最大5ヶ月(お申込時期により異なります)
・半期制、9月末・2月末で終了
 前期:5月~9月、後期:10月~2月
 5月~9月でのお申し込みは「前期」になります。
 10月~2月でのお申し込みは「後期」になります。
 (3月~4月でのお申し込みは「前期」扱いですが、サービス開始は5月となります。
  また、9月や2月等でのお申し込みはサービス期間が短くなりますので次期でのお申し込みをご検討ください。)

 ※お申し込み確定後に案内が届きますので、資料をダウンロードしてください。
 ※ダウンロードした案内書内に記載されているフォームより「受講者登録」を実施してください。

 

よくある質問

動画を見るのに必要なものは何ですか?
動画は、インターネット環境にあるパソコンやタブレット、スマートフォンなどで視聴が可能です。一般に動画は通信量が多いため Wifi などの環境を利用されることをお勧めいたします。
動画はダウンロードできますか?
申し訳ございませんが動画のダウンロードはできません。通信講座の期間内に動画をご視聴いただくサービスとなっております。
9月に申し込むより10月まで待った方がいいでしょうか?
9月に申し込むことは可能ですが、前期は9月末で終了となります。ですので10月開始の後期にお申し込みされると長期間ご利用いただけます。同様に後期は2月末で終了ですので、2月に申し込むより次年度5月開始の「前期」にお申し込みをされるとよろしいかと思います。
テキスト教材はダウンロード可能ですか?
テキスト教材はダウンロードしてご利用いただけます。PDFファイルとなっております。
自己学習アプリを使うには何が必要ですか?
自己学習アプリは、Chromeなどのブラウザだけで実行可能です。パソコンやスマートフォン、タブレット等のほかに、インターネット環境が必要となります。

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。心より御礼申し上げます。

最初に書かせていただきましたが、
東洋医学は今後も世界中で、さまざまな場面で必要とされていくと思います。

私たち人間にもともと備わっている病気を治す力は、
鍼灸や漢方などの東洋医学によって、引き出される可能性があるといわれています。

自然治癒力に注目するこの医療を、もっと多くの人に知って欲しいと思っています。

 
東洋医学/中医学の基礎知識を学ぶためのこの学習環境、

「TCMA 通信講座 中医基礎学」を是非ご利用くださいませ。

それでは失礼いたします。

TCMA 中医鍼灸研究所 研修センター
鎌田 剛

 

 

 

 

 
下記は紹介動画です。是非ご覧ください。


 
東洋医学に関する情報をもう少し知りたい、というかたのために下記の無料メールセミナーもご用意しております。

東洋医学を一から学ぶための各種情報をメールにて配信させていただきます。

また、今なら特典で別冊『東洋医学を学びたい!』(PDF文書 34ページ)をプレゼントさせていただいておりますので是非ご利用ください。

■TCMA 東洋医学メールセミナー 無料登録フォーム














※ 上記のメールセミナーは、いつでも配信解除できますのでご安心ください。